「一人が世界を変える・一人から世界が変わる」 実践の学びを発信する仲間の集い「夢をもって楽しく生きる会」です!

dantai

 幸塾とは・・・

第1回全国大会・会場雰囲気 幸塾新春講演・第1回全国大会

各方面で活躍している先人、賢人との交流を通して、
これからの時流や、心の在り方、ほんもの技術、情報について学んで参りましょう。
自然との共生をテーマに、ひとり一人が自然の中の一部であることを認識し、
自らの生き方を創造する“場”です。
1997年8月設立

 

★ 思いは実現するんですよね。「思い」は、確信して行動することで実現して行きます。

苦しみであっても、悲しみであっても、身のまわりに起こることは全て、
「必要、必然、ベスト」だったんですね。
自分のまわりの、いかにも意地悪な存在も、気づきの素材だった。
肯定すると感謝される。苦しみも悲しみも、まるごと肯定して包み込んで参りましょう。

 

★ 良心にしたがい、分かち合い、信じ合い、助け合って、
             上手な生き方をクセづけて参りましょう。

策略や暴力、欺瞞(ぎまん)、嫉妬が支配する現在の世相のままでいいわけがありませんよね。
自他同然の思いをクセづけて、ともに良心に貢献して参りましょう。

さあ、一緒に一歩踏み出しましょう。
今生の旅もあと数十年。人生の主役は自分自身ですものね。
それにしても最近は、嘘や隠しごとが白日のもとに晒される時代に変容してきました。

世の中が確実に良い方向に変わってきているように思います。
幸塾の活動も、2007年8月で早10年を迎えましたが、
わたしたちも、ささやかながら貢献しているんじゃないかと密かに思っているんです。

 

★ 上手な生き方を学びあう友人との連帯感が、こころをふくよかにしてくれます。

そうそう、上手な生き方といえば、
ツキのメカニズムについて知ることができたのも幸塾のおかげです。

ついている人や、ついている人たちの輪の中に入ることなんだということを、
船井幸雄先生から教わったのですが、本当にその通りだということを目の当たりにしている
今日この頃です。どうやら、良心にしたがった方がツキを呼ぶようです。
長所伸展のクセづけも上手な実践法だったんですね。

 

どうぞ、人生をご一緒いたしましょう。どなたでも参加して頂けます。
世話人(月5千円会費)、あるいは、世話人J(月2千円会費)、年会員(6千円/年会費)として御参画ください。

登録なさった方へは、月刊「ザ・フナイ」(船井メディア刊) を毎月お届け、年1回の新春の集いへご招待の他、勉強会やカルチャー教室、イベントへの参加費用特典などがつきます。
詳細、お申込みは、こちら

専務理事 大下伸悦     

団体概要

名 称:21世紀「幸塾」たのしく生きる会
所在地:〒101-0048 東京都千代田区神田司町2丁目15-9武蔵野ビル2階
「健康と美情報ステーション」フロンティア光栄 内
【お知らせ】2013年6月より、上記に移転しました。
代表連絡先:TEL.050-3736-2351 FAX.050-3488-3616

活 動:経営者、自己啓発、最先端技術などの勉強会
プライバシーポリシー



ひと

顧 問 団(順不同)

最高顧問  船井幸雄

船井幸雄

1933年大阪府生まれ。1956年京都大学農学部農林経済学科卒業。日本マネジメント協会経営指導部長などを経て、1970年に(株)日本マーケティングセンター設立。1985年3月に(株)船井総合研究所に社名変更。1988年経営コンサルタント会社として世界ではじめて株式上場。"経営指導のプロ” としてコンサルティングの第一線で活躍するとともに、社長、会長を歴任。2005年1月から同社最高顧問。同社を東証、大証の一部上場企業であり、わが国最大級の経営コンサルタント会社に成長させた。現在グループ60余社の総帥的立場にある。にんげんクラブ主宰。著書400余冊。



顧   問  比嘉照夫

比嘉照夫

沖縄県生まれ。農学博士。琉球大学農学部農学科卒業、九州大学農学部農学研究科博士課程終了。昭和57年から琉球大学農学部教授。平成19年4月琉球大学名誉教授。同月名桜大学(沖縄名護市)教授。国際EM技術研究所所長。30年にわたるEM(有用微生物群)の研究の結果、EMの持つ本質的な力はシントロピー(蘇生)の法則につながることを発見し、その普及と活用に世界的規模で取り組んでいる。http://www.emro.co.jp/


顧   問  近藤洋一

近藤洋一

株式会社トータルヘルスデザイン 代表取締役船井幸雄とたのしく生きる会 発起人
この十数年、天変地異が急増し、社会情勢は混迷の色を深めています。いま人類には二つの可能性が残されていると思います。ひとつはこのまま人類の不調和がとどまることなくつづき、地球はやがて人類の生息できない星になり、もう一度アメーバからやり直すという道です。もうひとつの選択肢は多くの人がこの事実に気づき、「愛と調和、互恵と共生」の社会づくりに向けて動き出すという道です。このとき「百匹目の猿」現象を超えた凄いことが起こるのだと思います。血わき、肉おどる面白い時代に私たちは生を受けているのですね。そのためにはあまり深刻になって、暗い顔をしているのは逆効果です。キーワードは「いきいきわくわく楽しく生きる」ことに尽きると思います。船井幸雄先生には地球再生へ向けて、日本の長としてがんばっていただきたいと願っています。


顧   問  江本 勝

江本勝

1943年、横浜生まれ。1986年、(株)IHMを設立。波動技術のパイオニアで日本に「波動」を広めた第一人者でもある。世界初の水の結晶写真集『水からの伝言』(波動教育社)が世界中で大ヒット。世界45ヶ国語以上に翻訳され、75ヶ国以上で出版されている。現在は国際波動友の会会長、NPO法人エモトピースプロジェクト代表。http://www.emotoproject.com/


顧   問  村上和雄
1936年生まれ。筑波大学名誉教授。米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、米国バンダービルト大学医学部等を経て、1978年より筑波大学応用生物化学系教授。同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長等を務め、99年退官。83年に高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子解読に初めて成功、世界的な注目を集めたDNA解明の世界的権威。最先端の遺伝子工学の研究から、「感性と遺伝子は繋がっている」ことを究明。このことを科学的に証明するため、「心と遺伝子研究会」を立ち上げ、2003年1月には、お笑いの吉本興業の協力を得て糖尿病の患者の公開実験をおこなった。著書に「生命の暗号」「人生の暗号」「サムシング・グレート」「遺伝子は語る」「幸福の暗号」「未知からのコンタクト」「そうだ!絶対うまくいく!」他多数。

 

顧   問  小梶静恵    ケニヤ塾/EMネットワーク天理・幸塾
ケニヤ塾では、日本の子どもたちをアフリカのケニヤへホームステイする機会を提供しています。電気の全くない生活、学校にいきたくても家計を支えるために働かなくてはならない生活。同じ子供でも、こんなにも異なる環境の生活を目の当たりにすることで、日本の子供たちの心に火がつきます。ケニヤのこと、そして子どもたちの環境に改めて興味をもってもらえたらうれしいです。


顧   問  福山哲郎

福山哲郎

参議院議員
1962年1月19日生まれ。86年、同志社大学法学部卒、大和証券株式会社入社。退社後、90年松下政経塾に11期生として入塾する。95年、京都大学大学院法学研究科修士課程修了。97年、旧民主党の京都副代表に就任。地球温暖化防止京都会議(COP3)にCOP3民主党コーディネーターとして参加。98年参議院選挙京都府選挙区においてトップ当選、04年同じく二期目のトップ当選を果たす。参議院予算委員会理事、参議院環境委員長を歴任し、現在、民主党政調会長代理、参議院民主党政審会長、参議院環境委員会委員、参議院予算委員会委員。また現在、京都造形芸術大学では客員教授を務めている。民主党参院政審会長の“与党”はつらいよ日記」月刊「論座」(朝日新聞社)2007年12月号〜連載中。2008年7月には議員生活丸10年を迎える。

代表世話人

九州

  • 黒原敏彦 宮崎日向幸塾
     ご当地「宮崎・都城」を拠点に、真・善・美の情報を発信!
     

四国

中国・近畿

  • 岡本一二三  日本文化クラブ幸塾(京都)
  • 澤田育治  大阪なにわ幸塾 定例会は毎月第3火曜日  ※大阪市内で開催。
 

東海

  • 前野君勝  名古屋『愛・地球』幸塾 07年10月14日(日)設立!! 記念講演!こちら

関東甲信越

  • 菊池康志  城北教育幸塾

運営事務局

専務理事  大下伸悦

大下伸悦

GOPグリーンオーナー倶楽部主宰、楽しく生きる会会長。新日本文芸協会顧問。作家名:小滝流水。言霊研究家「伊勢神宮の神代文字奉納文・保存会代表」。21世紀幸塾専務理事。「時代は変わった。でも大丈夫!生活費を減らして健康になる」(500円、新日本文芸協会きれい・ねっと刊)既に口コミだけで10000部を超える広がりを見せているという。他書籍多数。GOPでは、日本の農業を救う具体案を実践を通じて提示する。21世紀幸塾、GOPホームページコラムにて最新情報を発信。1949年、岩手県久慈市生まれ。言霊研究の継承者。


事務局代表 菅原克行

菅原克行

自然芸術建築研究所/えばぁプロデュース代表
1973年茨城県出身。工学院大学建築学科卒。一級建築士。建築設計事務所(機械設備 空調・衛生部署)に勤務後、販促コンサル会社を経て独立。読む、書く、話すの繰り返しによるクリエイションサイクルの普及と同時に出版・講演をプロデュース。日本在来種の種普及運動や休耕地の再生運動を展開し、「一人ひとりが日本国のオーナー宣言をしよう!」と呼びかけるGOPグリーンオーナー倶楽部では事務局を務め、その活動をドキュメント映画に製作中。著書『あいだの愛』、『巨大飛行船ツェッペリン伯号と霞ヶ浦の恒二少年』
GOPグリーンオーナー倶楽部 事務局長
新日本文芸協会/協同組合SN文芸協会 理事長



事務局員
・根本佳代子(月例会運営担当

根本佳代子

colordrops代表/ 俳句の森「蒼の会」主宰
日本語教師を経てカラーセラピストとして独立。
カラー講座講師として、パーソナルカラー診断、塗り絵セラピーなど、色の持つ力を通じてより幸せな人生を応援している。また俳句では、日本語の言霊の存在をお伝えするとともに「俳句と親しもう!」と提唱。著書『カラーでしあわせ。』、句集『恋ごころ』

・山内尚子 (編集局担当)

山内尚子

株)きれい・ねっと 代表取締役/総合文芸誌「文心」編集長
朗読会「こころの宝物」他、イベント・講演会などを企画して、「誰もが主人公となって、表現できる場所づくり」を提案。家族を突然失った苦しみを乗り越えた、自らの体験をもとに語る言葉は、セラピーのように温かく心に響く。
著書『きれいねっと2007』、『やさしい魔法 ホ・オポノポノ』


・盛上浩一 (幸塾インターネットラジオ放送局

盛上浩一

京都三条ラジオカフェにて活躍中。いろいろの学びを、インターネットラジオブログの普及活動をされています。このたび、幸塾のインターネットラジオ放送局のアドバイザーを引き受けて下さいました。「こんな私でもできたんだから、みんなできますよぉワッハッハ」とお話しされる盛上さん。出演されている京都三条ラジオカフェでは、『未来日記』でゲストと共に夢を次々に実現しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional